松応寺 (愛知県岡崎市) 徳川家康ゆかりの寺

江戸時代には、松応寺の門前町として、明治時代以降は 花街として栄えた松本町も、今や空き家が目立つ状態の 中にあって、松応寺は家康ゆかりの寺として頑張っている。 松応寺は、家康の父・松平弘忠が24歳の若さで亡くなり、 密葬された地が松応寺の地といわれ、それから12年後に 徳川家康が父の菩提を弔うために松応寺を開創したと 伝えら…

続きを読むread more