永養寺 (京都市下京区)

永養寺の開創は不詳であるが、下京区高辻通西洞院西入る に位置する永養寺町に開創され、1481年再興され、 豊臣秀吉の京都改造計画によって寺町が形成され、 1585年現在の寺町に移っている。 永養寺町といえば、曹洞宗開祖の道元禅師が病の療養の ために永平寺から京へ戻り、弟子の屋敷に滞在後亡く なった地である。 永養寺本尊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more