本覚寺 (徳島県徳島市) 千道安の菩提寺

徳島市寺町に仮設の本堂が建つ本覚寺は、千利休の嫡男で、 堺千家の祖・千道安が1607年に亡くなった後、 茶人・金森宗和がその菩提を弔うために、現在の藍住町 勝瑞に開創したと伝えられている。 千道安は利休の嫡男にもかかわらず、利休と疎遠になって 家を出ているが、大名の細川氏、金森宗和、徳島藩主 蜂須賀氏などと交流を深めている。…

続きを読むread more

長松寺 (兵庫県豊岡市) 玄武洞の近く

豊岡市随一の観光名所、玄武洞に近い下鶴井集落の、 最奥の山麓に木々に包まれて建つのが長松寺である。 石段参道を登った先に建つ山門は、豊岡藩陣屋の 門を明治時代に移築している。 訪れた時は、本堂の修理工事中で、境内に入ることが できず、周囲の緑を堪能して引き返した。 庭園がすばらしいと聞いていただけに残念。 <丹波、但馬…

続きを読むread more

松源院 (奈良県宇陀市大宇陀) 立花大亀の再興

又兵衛桜に近い迫間集落に、門を閉ざした本坊が建つ 松源院は、大徳寺最高顧問を務めた立花大亀が旧山岡住宅 を1980年買い取り再興されている。 旧山岡住宅の隣地に本堂が建立されている。 旧山岡住宅は道場などの本坊として使用されており、 奈良県の文化財になっている。 残念ながら非公開である。 すぐ近くに天益寺のシダレ桜もある。…

続きを読むread more

徳養寺 (兵庫県豊岡市)

大浜川支流沿いの小さな江野集落に、徳養寺と小江神社 が並んで建っており、神社前の大ケヤキは上部が失われた 痛々しい姿を見せている。 このケヤキは兵庫県の天然記念物で、推定樹齢300年 といわれている。 徳養寺の本尊は胎内に釈迦如来を納める聖観音で、 子授かり・安産の子安観音として信仰を集めている。 <丹波但馬のお寺一覧…

続きを読むread more

地蔵寺 (大阪府河内長野市清水) 大阪府名勝

河内長野市には古刹・名刹の冠を戴くお寺が数多くあり、 かっての仏教文化圏を形成していた。 そんな中にあって、境内全体が大阪府の名勝に指定されて いるのが清水集落の地蔵寺である。 私が訪れたのは10月末と、紅葉にはまだ早い時期で、 隠れ紅葉名所を目にすることができなかった。 しかし、緑が深い境内と静寂に包まれた風景を味わい、 …

続きを読むread more

京都市伏見区・山科区・西京区のお寺  

<京都市伏見区> 安楽寿院:鳥羽離宮ゆかりの寺 一言寺:醍醐寺塔頭 海宝寺:普茶料理 源空寺:法然上人ゆかりの寺 瑞光寺:風情が漂う茅葺本堂 清涼院:尾張徳川初代藩主生誕の地 石峯寺:伊藤若冲ゆかりの寺 大善寺(伏見六地蔵):京都六地蔵巡り 醍醐寺:世界遺産 西国三十三所観音霊場第11番 誕生寺:道元生誕の地…

続きを読むread more

法泉寺 (京都市西京区)

2018年9月4日の台風21号は京都のお寺にも 相当の被害をおよぼし、法泉寺の木々門多く倒れ、 その始末中の訪問であった。 法泉寺の地蔵菩薩像は、元は阿弥陀如来像の頭を 地蔵菩薩の頭に据え替えられた地蔵尊で、 化身地蔵尊と呼ばれている。 <京都市西京区のお寺一覧> (1)寺名:法泉寺(ほうせんじ) (2)住所:京…

続きを読むread more

西教寺 (滋賀県湖南市西寺)

滋賀県湖南地域に位置する金勝山(栗東市)、 阿星山(湖南市)、飯道山(甲賀市) は金粛菩薩(良弁僧正)の霊地といわれ、 阿星山の山麓には<阿星山五千坊>と呼ばれた 天台仏教圏が平安時代に築かれたといわれている。 その中で、常楽寺(湖南市西寺)と長寿寺 (湖南市東寺)が2大寺として残り、湖南三山を 形成している。 その常楽…

続きを読むread more

念仏院 (奈良県葛城市) 當麻寺塔頭

當麻寺には、真言宗の塔頭が5ヶ寺、浄土宗の塔頭が8ヶ寺ある。 東塔近くの高台に建つ念仏院は浄土宗の塔頭で、本尊に善導大師を 祀っている。 浄土宗のお寺の本尊は阿弥陀如来が一般的で、善導大師を本尊 とするお寺は珍しい。 善導大師は中国唐の僧で、浄土思想を確立し、日本では法然上人や 親鸞聖人に大きな影響を与え、浄土宗・浄土真宗の…

続きを読むread more

京都市中京区・下京区・南区のお寺  

<京都市中京区> 革堂(行願寺):西国三十三所観音霊場第19番 神泉苑:平安京の禁苑 壬生寺:新撰組ゆかりの寺 蛸薬師堂:蛸薬師伝説 誓願寺:浄土宗西山深草派総本山   長仙院:誓願寺塔頭   大善寺:大善寺寄席 本能寺:織田信長終焉の寺 天性寺:子宝祈願の弁財天 矢田寺:代受苦地蔵 誠心院:和泉式部ゆかり…

続きを読むread more

観音寺 (兵庫県豊岡市日高町)

県道259号を観音寺川に沿って左折し、田畑の中を山沿いの観音寺集落 へ入る。 <県指定文化財観音寺仁王門>の標識に従って,集落の細い道を進むと 仁王門が現れる。 仁王門を潜り山裾に至ると、登りの参道が観音寺山山腹に待っている。 集落、川、山と観音寺名がついた、まさしく観音寺の由緒を物語る風景である。 観音寺は749年開創…

続きを読むread more

大阪府堺市のお寺一覧

家原寺(堺市):行基の生誕地 南宗寺(堺市):千利休ゆかりの寺 専称寺(堺市):水牽如来 法道寺(堺市):貴重な<重文>食堂 海会寺(堺市):<重文>本堂・庫裡一体のお堂 妙国寺(堺市):推定樹齢1100年のソテツ 高倉寺宝積院(堺市):行基創建49ヶ院 感応寺(堺市):大坂三大妙見山 法雲寺(堺市):黄檗宗伽藍 中仙…

続きを読むread more

成就寺 (大阪府堺市)

成就寺を菩提寺としている橘屋又三郎と芝辻長佐衛門は、 鉄砲本格生産の先駆けとして、堺を鉄砲生産の拠点とした 人物である。 橘屋又三郎は、種子島に渡り、鉄砲製造技術を習得し、 堺に戻って鉄砲生産販売をした商売人で、一方、 芝辻長左衛門は紀伊根来にあって、津田監物が 持ち帰った鉄砲の複製を作った鍛冶人で、後に堺へ移り 鉄砲製造…

続きを読むread more

永養寺 (京都市下京区)

永養寺の開創は不詳であるが、下京区高辻通西洞院西入る に位置する永養寺町に開創され、1481年再興され、 豊臣秀吉の京都改造計画によって寺町が形成され、 1585年現在の寺町に移っている。 永養寺町といえば、曹洞宗開祖の道元禅師が病の療養の ために永平寺から京へ戻り、弟子の屋敷に滞在後亡く なった地である。 永養寺本尊…

続きを読むread more

福照寺 (滋賀県甲賀市水口町)

水口町貴生川の山麓に、本堂と収蔵庫のみが建つ福照寺 には、重要文化財に指定されている金剛界大日如来坐像 が本尊として祀られ、臨済宗のお寺では珍しい本尊である。 これも、古は天台宗のお寺であったが、江戸時代に 臨済宗になった経緯がある。 風景は収蔵庫が目立ち、これといった趣はない。 <滋賀県湖南地域のお寺一覧> (1…

続きを読むread more

無量寺 (和歌山県かつらぎ町)

阿弥陀堂だけが建つ無量寺の前を、古の南海道が通って いたといわれているが、現在はその姿を見ることは できない。 飛鳥・奈良時代の五畿七道の一つ南海道は、大和から 紀ノ川北岸を加太~淡路島~四国と通ずる道で、万葉集 にも詠まれているが、現在そのルートは不確かな部分が 多い。 和歌山県観光連盟では、<南海道を歩く>企画において…

続きを読むread more

尼寺廃寺跡 (奈良県香芝市) 白鳳時代の古代寺院跡

尼寺廃寺跡は尼寺廃寺跡公園として整備されており、その公園内に 尼寺廃寺跡学習館が設置されている。 訪れる際には、学習館を目指せばよい・ 尼寺廃寺は、1991~2000年の発掘調査によって全貌がほぼ解明され、 多くの出土品も出ている。 何と言っても、塔心礎の巨石で、現存する日本最大の塔心礎である。 また、その心礎から耳管や水晶…

続きを読むread more

浄安寺 (兵庫県姫路市夢前町)

戦国時代の播磨守護大名であった赤松氏に、婿養子として入って守護を 継承した赤松義村は、守護代の浦上村宗との抗争に敗れて、1521年 亡くなっている。その菩提を弔うために長男の赤松晴政が開創したのが 浄安寺といわれている。 現在、浄安寺に安置されている供養塔は義村の供養塔といわれているが、 供養塔の銘に刻まれた<永正15年(15…

続きを読むread more