長福寺 (岐阜県下呂市金山町)

飛騨川と馬瀬川の合流点近くににあって、小高い藤倉山麓に立派な
山門を構えるのが長福寺である。
山門は1813年の建造で、仁王門形式の楼門で、下呂市の
文化財に指定されている。
長福寺は、1545年藤倉山に長福庵として建立されたのが
始まりと伝え、1730年現在地に移っている。

<岐阜県のお寺一覧>

(1)寺名:長福寺(ちょうふくじ)
(2)住所:岐阜県下呂市金山町金山2164-1
(3)山号:金山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:喜山長悦 (6)開創:1545年
(7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)山門:市指定文化財 1813年

391飛騨川と馬瀬川の合流.JPG                   馬瀬川(左)飛騨川合流点

1(21-4210)(00)長福寺参道.JPG                          参道

2(21-4210)(00)長福寺 (3)全景.JPG                         全景

3山門(21-4210)(00)長福寺 (4).JPG                         山門

4仁王像(21-4210)(00)長福寺 (7).JPG                         仁王像

5本堂(21-4210)(00)長福寺 (9).JPG                         本堂