勝満寺 (富山県小矢部市)

建永の法難(1207年)により、法然上人は讃岐へ、親鸞聖人は越後へ 配流となった。 親鸞聖人が北陸を経て、越後に入る間に、各地で聖人に帰依した人や お寺があったと伝えられ、その中に勝満寺の前身といわれる安居寺の 僧坊住職が帰依し、後に浄土真宗の勝満寺となったといわれている。 その後、浄土真宗の大寺として活動し、越中一向一揆の拠…

続きを読むread more