大谷寺 (京都府宮津市) 黒不動

天橋立の展望台として馴染みのある笠松公園へのケーブル左脇に、 参道が続き、途中に大谷寺本坊があり、その先に本堂が建っている。 この本堂からも天橋立を望むことができるが、笠松公園からの 眺望がはるかに勝っている。 大谷寺は、718年現在の京都市伏見区醍醐から現在地に移されたと 伝えられ、中世には丹後一宮籠神社の別当寺として大いに…

続きを読むread more

西来寺 (岡山県新見市) 新見藩主の菩提寺

岡山県西北部にあって、高梁川の上流が流れる新見市の基礎を築いた のは、1697年初代新見藩主となった関長治である。 長治は津山藩主森氏の一族で、関氏の養子となっている。 長治は農業・商業の育成に努め、新見の基礎を固め現在の新見がある。 しかし、山間部にあって人口減少が続き、1950年代から半減している。 1698年長治は風…

続きを読むread more