法泉寺 (大阪府羽曳野市)

日本最古の街道といわれる竹内街道に面して、かっての野中寺南大門が 建ち、街道を挟んで野中寺別院が建っていたといわれている。 竹内街道は、現在の堺市~羽曳野市~二上山南麓~葛城市と 河内と大和を結ぶ幹線官道で、幅30mあったといわれている。 また、野中寺は飛鳥時代に聖徳太子の命によって開創された大寺で、 現在もその規模を縮小して…

続きを読むread more

法界寺 (京都市中京区裏寺町)

法界寺の建つ裏寺町通は、1591年豊臣秀吉による京都改造計画に よって、寺町通とその裏になる裏寺町通にお寺が集約されて形成された 通りで、明治時代に入ってその中間に新京極通が形成され、繁華街 の中心となった。 しかし、現在でも裏寺町通には多くのお寺が残り、新京極通の 路地裏感がある。 そんな中にあって、こじんまりと建つのが法…

続きを読むread more

十楽寺 (滋賀県甲賀市土山町)

鈴鹿峠に差し掛かる国道1号に面して建つ十楽寺は、甲賀三大仏の1ヶ寺で あり、全国的にも珍しい摩耶夫人像が祀られているお寺である。 甲賀三大仏とは、   大池寺(水口町)釈迦如来坐像  櫟野寺(甲賀町)薬師如来坐像   十楽寺(土山町)阿弥陀如来坐像 摩耶夫人とは、釈迦の生母で、釈迦の生後7日後に亡くなったといわれている。 摩…

続きを読むread more

浄福寺 (三重県多気町丹生)

多気町丹生地区は古代から丹生水銀の産地として栄え、江戸時代には 丹生大師(神宮寺)の門前町としても栄えた。 そうした環境の中で、お寺も多く開創され大いに栄えたといわれている。 その中の一寺が浄福寺で、大永年間(1521~28年)に開創されている。 現在の丹生地区は、水銀産出もなく、人口減少の地区となっているが、 丹生大師信仰は…

続きを読むread more

行福寺 (愛知県豊田市) 桜の名所

豊田市の桜の名所に挙げられている行福寺は、北に田畑が広がり、南に 住宅地が広がる住農地帯に建っている。 私の訪問は1月で、広い境内の随所に配された、シダレ桜やソメイヨシノが 開花した風景は残念ながら見られなかったが、その風景を想像してみた。 特に、シダレ桜は樹齢250年以上といわれる名木である。 この桜の維持管理には大変なご苦…

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2019年6月25日 但馬丹波

北近畿豊岡道・日高神鍋高原ICを7時半に出る。 北近畿豊岡道が延伸され、但馬へのアクセスがより便利になった。 今日は豊岡市と、市名が変更されたばかりの丹波篠山市の未知の お寺を巡る。 ほとんどのお寺が山麓または中腹に建つお寺で、新緑から深緑へ 変わる風景を楽しむ。                        玄武洞 …

続きを読むread more

長福寺 (岐阜県多治見市) 不動信仰

多治見市街地にあって、県道16号を挟んで本土神社が建つ弁天町に 長福寺が建つ。 長福寺は明治維新までは、本土神社の神宮寺で神仏習合のお寺であり、 神社であった。 長福寺の開創は1330年と伝えられ、多治見市では古刹になり、真言宗 唯一のお寺である。 多治見市では、臨済宗の禅寺がほとんどを占めている。 長福寺の本尊は聖観…

続きを読むread more

勝満寺 (富山県小矢部市)

建永の法難(1207年)により、法然上人は讃岐へ、親鸞聖人は越後へ 配流となった。 親鸞聖人が北陸を経て、越後に入る間に、各地で聖人に帰依した人や お寺があったと伝えられ、その中に勝満寺の前身といわれる安居寺の 僧坊住職が帰依し、後に浄土真宗の勝満寺となったといわれている。 その後、浄土真宗の大寺として活動し、越中一向一揆の拠…

続きを読むread more

本福寺 (三重県志摩市) 志摩国七福神

英虞湾に面する立神(たてがみ)地区の内陸部にあって、円空仏が祀られて いる少林寺の隣に建つのが本福寺である。 本福寺は、志摩国七福神巡りの一つで、福禄寿と寿老人が祀られている。 各地に七福神巡りはあるが、1ヶ所で二神の札所は珍しい。 志摩国七福神は鳥羽市と志摩市にわたる霊場である。 本福寺の開創は不詳であるが、室町時代には…

続きを読むread more

十念寺 (愛知県刈谷市) 刈谷藩主土井氏の菩提寺

名鉄刈谷市駅近くにあって、刈谷城跡にも近い市街地に建つ十念寺 には、刈谷藩主土井氏の廟所と、幕末に明治維新の魁となった天誅組の 総裁・松本奎堂の墓が同居している時代の流れを感じる。 刈谷藩主土井氏は徳川幕府の譜代大名であり、土井氏の祖土井利勝 は家康~家光の幕閣として重きをなした大名であり、それから 250年後の刈谷藩士松本奎…

続きを読むread more

広福寺 (岐阜県関市)

関市街地の中心部に位置する安桜山(あさくらやま152m)の西~南麓には、 7ヶ寺のお寺が甍を並べている。 その中にあって、長い参道を山に向かって歩むと,広福寺の伽藍全景が 目に飛び込んでくる。 山門を入ってすぐ左手に、上部が失われたギンモクセイが気になる姿で 迎えてくれる。 この古木は推定樹齢が300年といわれ、最近の台風で…

続きを読むread more

瑞祥寺 (福井県大野市) 寺町通南端

最近<天空の城>として脚光を浴びている越前大野城は、1575年織田信長 による一向一揆平定に伴い、家臣の金森長近が大野に入り、大野城の築城 を開始すると同時に、碁盤目の城下町形成に着手している。 大野城の完成は1580年頃といわれ、城下町の形成はそれ以降も続いた。 この城下町形成当初から、城下町の東端に、南北に通ずる寺町を形成す…

続きを読むread more

越中国分寺 (富山県高岡市)

奈良~平安時代において、地方の行政組織として国庁が各国(66ヶ国)に 置かれ、国司が政務を司ったが、こうした国庁を中心とした都市を国府と 呼び、越中国の国府は、現在の高岡市伏木にあり、741年聖武天皇の 詔により建立された越中国分寺も伏木に建立された。 746年国司として越中に5年間赴任した大伴家持にちなんで、伏木は 万葉集の…

続きを読むread more

甘露寺 (三重県南伊勢町)

<南海トラフ巨大地震>が30年の間に発生する確率は70~80%といわれる 昨今、江戸時代1707年に発生した宝永地震がこれに匹敵する地震であった。 この宝永地震による津波で、現在の南伊勢町古和浦集落の85名が亡くなった といわれ、その時に建てられた宝永津波供養碑<三界萬霊碑>が甘露寺に 残されている。 こうした供養碑を通して、…

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2019年6月18日 三重県多気周辺

伊勢道勢和多気ICを8時前に出る。 今日は多気町~度会町~玉城町と多気IC周辺の未知寺院を巡る。 この地域は低い山の間に田畑や茶畑が広がり、櫛田川や宮川の 中流域となっている。 あじさいの見頃で、あちこちのお寺で見頃を楽しむ。                       西導寺にて                  …

続きを読むread more

在原寺 (愛知県知立市)

伊勢物語の東下りの段で記されている<八橋>が知立市八橋町の地 として知られ、伊勢物語のモデルが在原業平ではないかといわれること からも、八橋町は在原業平とカキツバタの町となっている。 業平の<かきつばた>の五字を詠い込んだ歌 <から衣 きつつなれにし つましあれば はるばるきぬる たびをしぞ思ふ> 業平が東下りした事実はないと…

続きを読むread more

林泉寺 (静岡県吉田町) 長藤

模擬天守の小山城に近い地に建つ林泉寺は、藤の季節になると参拝者が 増えるお寺で、こじんまりとした禅寺である。 ここの藤は1967年に、牧之原市東光寺の長藤の芽を接木したもので、 <林泉寺の長藤>と呼ばれている。 東光寺の長藤は、1915年磐田市行興寺の<熊野(ゆや)の長藤>の 苗木を移植したものといわれ、林泉寺のそれは孫にあた…

続きを読むread more

岐阜市のお寺 (岐阜県岐阜市)

岐阜市のお寺一覧 法華寺(三田洞):美濃三弘法 護国之寺(雄総):東大寺創建にゆかりの寺 大龍寺(粟野):ダルマ観音 済法寺(粟野西):7体の文化財仏像 願成寺(大洞):中将姫ゆかりの寺 延算寺(岩井):小野小町ゆかりの寺 正法寺(大仏町):岐阜大仏 瑞龍寺(寺町):美濃守護・土岐氏の菩提寺 西本願寺岐阜別院(西野…

続きを読むread more

済法寺 (岐阜県岐阜市)

岐阜市北部、山県市との境にあって、如来ヶ岳の南麓に建つのが済法寺で ある。当初、如来ヶ岳山頂に、861年仁覚大師円仁が天台宗のお寺として 開創したと伝えている。 保元年間(1156~59年)に現在地に移り、慶長年間(1596~1615年) に臨済宗として再興されている。 古い歴史を持つことから、7体の仏像が岐阜県文化財に指定さ…

続きを読むread more

照光寺 (長野県岡谷市) 岡谷の名刹

夕闇迫る頃に訪れ、照光寺境内を拝観し、裏山に登って岡谷市街地、諏訪湖、 その向こうに雲に見え隠れする八ヶ岳を望む。 もう少し時間があればと、急いで境内を巡る。 特に、二重塔の<蚕霊供養塔>の建立経緯に興味を持った。 1934年、岡谷の製糸工場は不況に見舞われた時期に、製糸関係者が 蚕の霊を弔い、製糸業の発展を祈願して、蚕霊供養…

続きを読むread more

妙法寺 (京都府舞鶴市西)

西舞鶴の西方、愛宕山の東麓に8ヶ寺が甍を並べるお寺にあって、唯一の 日蓮宗寺院で、朱色の山門を構えるのが妙法寺である。 妙法寺は、元亀年間(1570~73年)日賢が草庵を築いたのが始まりで、 慶長年間(1596~1615年)、田辺(舞鶴)城主・細川幽斎の訪問を 受け、土地の提供を受けて伽藍が整備されたといわれている。 細川幽斎…

続きを読むread more

天龍寺 (福井県永平寺町) 芭蕉塚

<奥の細道>紀行で、芭蕉は金沢から同伴した立花北枝と共に、知り合いの 大夢和尚を訪ねて、ここ松岡の天龍寺に宿を取り、永平寺にも参拝している。 天龍寺を出発するにあたり、北枝の同伴に感謝し、句を詠み別れている。 その句が<物書て扇引さく余波哉> これは1689年初秋のことである。 1844年になって、芭蕉の150回忌に、松岡の俳…

続きを読むread more

願成寺 (石川県加賀市大聖寺) 浄土真宗の古刹

浄土系宗派のお寺が集まる加賀市大聖寺市街地にあって、山門が一際目立つ 願成寺は、1377年,現在の茨城県石岡市柿岡町から大聖寺荻生町へ 移ってきたと伝えられ、蓮如上人の時代には重要な拠点として大いに 栄えたといわれている。 17世紀初頭の本願寺東西分立に伴い、真宗大谷派の願成寺が現在の 鍛冶町へ、浄土真宗本願寺派の願成寺(現在…

続きを読むread more

大栄寺 (富山県氷見市)

富山湾の青い海と白雪を戴いた立山連峰の姿を期待して、氷見市小境海岸に 立ったが、残念ながら立山連峰には雲が。 この海岸に面して建つのが大栄寺である。 ここを訪れたのは、南北朝時代に南朝方の活動皇族として名を馳せた 宗良親王(むねよししんのう)が、このお寺で剃髪したと伝えられている 由緒があるから。 長野県大鹿村大河原の福徳寺…

続きを読むread more

清巌寺 (島根県松江市玉造温泉) おしろい地蔵

観光地松江や出雲の宿泊温泉となっている玉造温泉は、奈良時代に 開かれた日本最古類の温泉として、また<美肌の湯>としても知られ、 山陰の名湯である。 玉湯川の両側に温泉街が建ち並び、そこを抜けて200mほどの 左側に清巌寺が建つ。 清巌寺の開創は16世紀初期といわれているが、詳細は不詳である。 1637年清巌寺として再興され、…

続きを読むread more

見性寺 (熊本県熊本市中央区)

国道3号と熊本電鉄に挟まれた坪井地区に建つ見性寺は、江戸時代末期 の熊本藩家老・長岡監物の菩提寺である。 長岡監物は攘夷論者で、西郷隆盛などと交流があったが、藩政改革で 藩内対立が生じ、一旦家老を辞している。 その後復帰しているが、班内対立は消えず、47歳で亡くなっている。 江戸時代末期における大きなうねりの中にあって、熊本藩…

続きを読むread more

西江寺 (広島県三次市)

三次旧市街地の北に、半円形の姿を見せる比熊山南麓には5ヶ寺のお寺が 並んでいるが、その東端に建つのが西江寺である。 西江寺の由緒は古く、奈良時代に遡る。 8世紀中頃、奈良の公卿・恵美押勝(藤原仲麻呂)が三次市畠敷の比叡尾山麓 に、高源寺として開創したのが始まりと伝えられるが、詳細は不詳である。 その後、三次の豪族三吉氏によって…

続きを読むread more

大谷寺 (京都府宮津市) 黒不動

天橋立の展望台として馴染みのある笠松公園へのケーブル左脇に、 参道が続き、途中に大谷寺本坊があり、その先に本堂が建っている。 この本堂からも天橋立を望むことができるが、笠松公園からの 眺望がはるかに勝っている。 大谷寺は、718年現在の京都市伏見区醍醐から現在地に移されたと 伝えられ、中世には丹後一宮籠神社の別当寺として大いに…

続きを読むread more

西来寺 (岡山県新見市) 新見藩主の菩提寺

岡山県西北部にあって、高梁川の上流が流れる新見市の基礎を築いた のは、1697年初代新見藩主となった関長治である。 長治は津山藩主森氏の一族で、関氏の養子となっている。 長治は農業・商業の育成に努め、新見の基礎を固め現在の新見がある。 しかし、山間部にあって人口減少が続き、1950年代から半減している。 1698年長治は風…

続きを読むread more

潮音寺 (徳島県徳島市) モラエスの墓所

眉山山麓にあって、阿波おどり会館に向かって右手に、一つの堂宇と 墓地だけがあるのが潮音寺である。 この墓地に、ポルトガル外交官モラエスの墓がある。 1899~1913年ポルトガル神戸領事館で総領事を務めた後、亡き妻・ヨネの 故郷徳島市に移り、後妻にコハルを迎え住んだが、コハルに先立たれ、 その後は、一人住まいの<変な外国人>と…

続きを読むread more

當麻寺西南院 (奈良県葛城市) 関西花の寺霊場第21番

當麻寺といえば、何と言っても双塔(東塔、西塔)の造る風景であろう。 その双塔を見る風景には、一つは當麻寺境外からの遠望、一つは 西南院みはらし台からの近望ではないだろうか。 西南院庭園入口の小高い処に造られた、みはらし台からの双塔風景は 種々のパンフレットなどに使われている。 西南院のもう一つの見どころは、四季折々の花咲く…

続きを読むread more

常楽寺 (兵庫県加古川市東神吉町) 神吉城跡

加古川市には常楽寺が3ヶ寺(上荘町、東神吉町、加古川町)あり、どれも 由緒あるお寺である。 ここで取り上げる東神吉町常楽寺は<神吉(かんき)の常楽寺>と呼ばれ、 南北朝時代~1578年まで続いた神吉城の城跡に建っている。 城主の神吉氏は、播磨守護大名赤松氏の一族で、神吉地域を統治し、 1578年秀吉指揮の織田信長軍に滅ぼされる…

続きを読むread more

大林寺 (大阪府松原市)

松原市を北上し大和川に合流する西除川の右岸に、こじんまりと建つのが 大林寺であるが、そこに祀られている十一面観音が、この地域を物語る 貴重な仏像として信仰されている。 西除川の対岸に布忍神社が建つが、この神社を鎮守社としていた大寺・ 永興寺(布忍寺)が、明治時代初期の神仏分離によって廃寺となり、その 本尊十一面観音を含む寺宝が…

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2019年6月2日 氷見、高岡市

氷見市のホテルを7時半に出る。 今日は氷見市、高岡市を巡るが、立山連峰が薄っすらと見える。 写真に写るかどうか。 氷見市の朝日山、高岡市の二上山にも登って立山連峰を望めたら。                        雨晴海岸                        立山連峰              …

続きを読むread more

妙長寺 (京都府京丹後市久美浜町)

久美浜湾から東へ1kmほど入った山間部に位置する平田集落の、 小高い処に建つ妙長寺へは石段参道が続く。 境内は狭く、茅葺屋根を覆ったトタン葺きの本堂が目の前に迫ってくる。 この本堂は、京都府暫定登録文化財に指定されている。 京都府指定の文化財には、  京都府指定文化財、京都府登録文化財、京都府暫定登録文化財の 3種類があるが…

続きを読むread more

浄観寺 (滋賀県甲賀市信楽町)

私の陶芸材料の仕入先は信楽の陶芸ショップで、そのショップにほど近く、 窯元が集まるろくろ坂に建つのが浄観寺である。 信楽焼は日本六古窯(越前焼、瀬戸焼、常滑焼、信楽焼、丹波焼、備前焼) に数えられ、いまや狸のやきもので有名な窯場となっている。 窯場を巡る散策路も信楽観光の目玉になっているが、そのルートに 建つ浄観寺は、これとい…

続きを読むread more

 もくもく探索日誌 2019年6月1日 富山県西部

北陸道砺波ICを8時に出る。 久しぶりの富山県訪問となる。砺波市~南砺市~小矢部市を巡り、氷見市の ホテルに宿泊。ホテルでこの記事を書く。 残念ながら立山連峰は雲に隠れ見えず。                        散居村                         庄川               …

続きを読むread more

當麻寺中之坊 (奈良県葛城市)

當麻寺仁王門を入り、二上山を借景とした広い境内を進むと、<⇐中之坊>の 大きな看板が目に飛び込んでくる。 長屋門形式の山門を入ると、目の前に芭蕉句碑が立っている。 <僧朝顔幾死に返る法の松> 芭蕉は何度か當麻寺を訪れたといわれている。 庫裡で入山料500円を払い、中将姫が剃髪したと 伝わる本堂を参拝し、庭園に入る…

続きを読むread more