広福寺 (岐阜県関市)

関市街地の中心部に位置する安桜山(あさくらやま152m)の西~南麓には、
7ヶ寺のお寺が甍を並べている。
その中にあって、長い参道を山に向かって歩むと,広福寺の伽藍全景が
目に飛び込んでくる。
山門を入ってすぐ左手に、上部が失われたギンモクセイが気になる姿で
迎えてくれる。
この古木は推定樹齢が300年といわれ、最近の台風で大きな被害を
受けたが見事に再生したとか。その姿に生命力を感受し感動した。

広福寺は寛永年間(1624~44年)に現在の本町に開創され、
宝暦年間(1751~64年)現在地に再興されている。
広福寺の寺宝である涅槃図には、猫が描かれており、珍しい涅槃図と
いわれている。年に1回公開されるとか。

<岐阜県のお寺一覧>

(1)寺名:広福寺(こうふくじ) (2)住所:岐阜県関市東日吉町34
(3)山号:聖寿山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:雪渓周好 (6)開創:1624~44年 (7)中興:1751~64年 湘水
(8)本尊:十一面観音
(9)その他
1)中濃八十八ヶ所霊場第11番

画像
                       安桜山

画像
                        参道

画像
                        全景

画像


画像
                        山門

画像
                      ギンモクセイ

画像
                        本堂

画像
                        境内

画像
                       境内から