済法寺 (岐阜県岐阜市)

岐阜市北部、山県市との境にあって、如来ヶ岳の南麓に建つのが済法寺で
ある。当初、如来ヶ岳山頂に、861年仁覚大師円仁が天台宗のお寺として
開創したと伝えている。
保元年間(1156~59年)に現在地に移り、慶長年間(1596~1615年)
に臨済宗として再興されている。
古い歴史を持つことから、7体の仏像が岐阜県文化財に指定されている。
境内には、黒松やタラヨウの古木が風情を造っている。

<岐阜県のお寺一覧>

(1)寺名:済法寺(さいほうじ) (2)住所:岐阜県岐阜市粟野西8-175
(3)山号:皇国山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開基:仁覚大師円仁 (6)開創:861年 (7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)十一面観音立像:県指定文化財 藤原時代 像高127cm
2)地蔵菩薩立像:県指定文化財 鎌倉時代 像高80cm
3)不動明王立像:県指定文化財 鎌倉時代 像高82cm
4)四天王立像4躯:県指定文化財 鎌倉時代

画像
                       境内から

画像
                        全景

画像
                        参道

画像
                        黒松

画像
                        境内

画像
                       タラヨウ

画像
                        本堂