吸谷廃寺跡、慈眼寺 (兵庫県加西市) 古代寺院跡

加西市西部の田畑から山間部に入る位置にある吸谷町へ入り、 吸谷町公会堂へ来ると、裏側に慈眼寺の観音堂が建っている。 この慈眼寺も現在は廃寺で、その開創などは不詳である。 この一帯に、7世紀後半に建立されたと推定される法隆寺式伽藍配置を 持った古代寺院が、鎌倉時代まで健在であったと推定されている。 加西市の3度にわたる発掘調査で…

続きを読むread more