高野山のお寺

和歌山県高野山のお寺紹介 高野山総括 金剛峯寺:高野山真言宗総本山 世界遺産 壇上伽藍:真言密教根本道場の中心 世界遺産 奥の院と参道1:弘法大師信仰の霊地 世界遺産 奥の院と参道2:弘法大師信仰の霊地 世界遺産 高野山の風景 宝寿院:大本山 勧学院:修学・修行の道場 金剛三昧院:高野山子院(宿坊) <国宝>多宝塔…

続きを読むread more

宝寿院 (和歌山県高野町高野山) 大本山

高野山壇上伽藍の北西に建ち、総本山金剛峯寺に災害など不測の事態が 生じ、その機能を果たせなかった場合に、代わってその機能を果たす 塔頭で、大本山の寺格を有している。 現在は、高野山専修学院を併設し、高野山真言宗の僧侶育成を行っている。 宝寿院は1016年開創された無量寿院が始まりで、1913年に宝寿院と なっている。 <…

続きを読むread more

興勝寺 (京都府京丹後市大宮町)

新しく開通した野田川大宮道路の終点・京丹後大宮インターは京丹後市 大宮町森本にあるが、そこを出て間近の森本集落の山麓に建つのが 興勝寺である。 このお寺は、戦国時代の永禄年間(1558~70年)、地元の森本城主 成吉越中守(大江越中守)の帰依を受けて開創され、成吉越中守の菩提寺と なったと伝えられている。 当時の成吉越中守の…

続きを読むread more