千手院 (岐阜県関市) 関鍛冶の祖・元重碑

安桜山(あさくらやま)の西麓に沿ってお寺が並び、その北端に建つのが 千手院である。 門前には、関といえば刃物と浮かぶほど有名な関鍛冶の祖・元重の 顕彰碑が立ち、毎年11月に慰霊祭が行われる。 一説によれば、元重は鎌倉時代に九州から関に来て、刀鍛冶を始めた といわれ、その後の関鍛冶の発展となり、現在の全国刃物生産量の 4割が関…

続きを読むread more