金仙寺 (名古屋市中区) 赤福地蔵

徳川家康が尾張の中心地を清須から名古屋に移し、名古屋城を築城し、 城下町を整備するにあたり、清須からお寺などを移転させ(清須越)、 東寺町、南寺町を形成している。 その清須越で、南寺町に移転したお寺群の一寺が金仙寺である。 元禄年間(1688~1704年)に、町中で瘧(おこり)や熱病が流行った時に、 金仙寺の地蔵尊に牡丹餅を供…

続きを読むread more