安楽寺 (滋賀県野洲市)

1568年織田信長と戦って落城した市三宅城跡近くに建つ安楽寺は、 1534年それまでの天台宗寺院を再興し三宅氏の菩提寺であったと 伝えられている。 この安楽寺に伝わる阿弥陀如来坐像、聖観音立像は共に重要文化財 で、その由来はいかに。 滋賀県にはこうした貴重な仏像が、何気ないお寺に伝わっており、 興味が尽きない。 <滋賀…

続きを読むread more

専教寺 (広島県府中市上下町) 芭蕉句碑

上下町は江戸時代、石見銀山から瀬戸内海への銀山街道の宿場町として 栄え、徳川幕府直轄の天領で、両替商などが多かった。 そうした環境の中で、18世紀末頃俳人芭蕉の100回忌を迎える頃、 この上下町にも風葉などの俳諧好みを中心に上下俳諧と呼ばれた 一派が生れた。 そんな中に専教寺住職も加わり活動し、文化年間(1804~18年)に …

続きを読むread more

両山寺 (岡山県美咲町) 吉備高原の名刹

岡山県中部の吉備高原にある二上山(689m)頂上近くに建つのが 名刹両山寺である。 国道53号から8kmほど山あいを登った典型的な山岳寺院であり、 かっては山岳密教の道場として大いに栄え、多くの僧坊が建っていたと いわれている。 戦国時代、尼子氏と毛利氏の覇権争いによる兵火で灰燼と化し、 その後の再興にもかっての繁栄は戻らな…

続きを読むread more