興勝寺 (京都府京丹後市大宮町)

新しく開通した野田川大宮道路の終点・京丹後大宮インターは京丹後市
大宮町森本にあるが、そこを出て間近の森本集落の山麓に建つのが
興勝寺である。
このお寺は、戦国時代の永禄年間(1558~70年)、地元の森本城主
成吉越中守(大江越中守)の帰依を受けて開創され、成吉越中守の菩提寺と
なったと伝えられている。
当時の成吉越中守の勢いは丹後半島において相当のものであったと
いわれ、興勝寺も大いに栄えたと思われる。

<京都丹後のお寺一覧>

(1)寺名:興勝寺(こうしょうじ) (2)住所:京都府京丹後市大宮町森本1175
(3)山号:南明山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開基:了山宗覚 (6)開創:1558~70年 (7)本尊:阿弥陀如来

画像
                        周辺

画像


画像
                      興勝寺全景

画像
                        本堂

画像
                        境内

画像