もくもく探索日誌 2019年5月22日 奈良西大和

朝7時半奈良県王寺町に入る。
今日は西大和地域を巡る。王寺町~香芝市~上牧町~葛城市と
二上山を眺めながらの探索となる。最後は久しぶりの訪問となる
當麻寺を訪れ、その塔頭を全て巡るが、牡丹の季節は終わり、
名残の牡丹に少し触れる。

画像
                      當麻寺双塔

画像
                      當麻寺双塔

画像
                       二上山

画像
                     當麻寺西南院

画像
                       大和平野

画像
                        傘堂

画像
                     當麻寺千仏院

王寺町の最初は、2度目の訪問となる聖徳太子ゆかりの<達磨寺>
から始まり、
香芝市北端に残る古代寺院<尼寺廃寺跡>は整備され、
尼寺廃寺跡学習館が建つ公園となっている。
 
画像
                       達磨寺

画像
                       永福寺

画像
                      尼寺廃寺跡

香芝市の山間部へ。
10mほどの滝が修行場となっている<瀧不動院>へは、途中で駐車し山道
を分け入る。
昨日の雨で水量はあり、滝の風景を。
上牧町の<浄安寺>も少し山間部に入る。眺望よし。
大阪府との県境に位置し、楠木正成ゆかりの<観音寺>で休憩。

画像
                       明神山

画像
                       瀧不動院へ

画像
                       不動滝

画像
                    正楽寺阿弥陀石仏

画像
                       浄安寺

画像
                       観音寺

葛城市に入る。
二上山が目の前に迫る。
ユニークな形の<傘堂>は1674年、位牌堂として建立された経緯を持つ。
<當麻寺>に入る。
久しぶりだが、よく覚えている。どこに何があるか。
境内の隅々まで探索。特に、塔頭を中心に。
2時間余りの探索で、當麻寺を一層忘れないお寺となった。
遅い昼食は柿の葉寿司セット。
万歩計1万3千歩。
もくもく探索満足度は、久しぶりの當麻寺もあって95点。

画像
                       二上山

画像
                     當麻寺仁王門

画像
                        境内

画像
                    日本最古の石燈籠

画像
                        本堂

画像
                        東塔

画像
                        西塔

画像
                     中之坊芭蕉句碑
                 <僧朝顔幾死にかえる法の松>

画像
                      中之坊庭園

画像
                      中之坊庭園

画像
                      西南院庭園

画像
                      西南院庭園

画像
                      當麻寺双塔