もくもく探索日誌 2019年5月18日 京都丹後半島

野田川大宮道路京丹後大宮ICを8時に出る。
丹後半島の山間部と海岸部の未知のお寺を巡る。
あいにくの曇りで、山の新緑と海の青さが今一つの感じとなる。
しかし、丹後半島の風景を満喫するもくもく探索となった。

画像
                      興勝寺門前

画像
                     興法寺境内から

画像
                       琴引浜

画像
                     長安寺化粧地蔵

画像
                       夕日ヶ浦

画像
                       久美浜湾

画像
                      明光寺境内

まずは山間部から始まる。
何と言っても、小原山山頂近くの<興法寺>へのアプローチが,スリルに
富んだ探索となった。
山道を歩くか、それとも車で突破するか。
最初は歩き出したが、距離の見当がつかず、引き返して車で突破。
行けるとこまで突破。しかし、山道の中央部に草が生え、車の底を
大いに擦るが、土の擦りは無く、何とか到達する。
当然、無住のお寺で寂寥感が漂う。
しかし、境内からの眺望は抜群。来てよかったと。

画像
                       周徳寺

画像
                       周徳寺池

画像
                       興法寺へ

画像
                       興法寺へ

画像
                       興法寺へ

画像
                      興法寺本堂

網野町の海岸部へ。
<海蔵寺>を巡って、近くの鳴き砂で有名な琴引浜へ。
曇りで海の青さが半減。
以前、訪れた時は快晴だったので、印象が強く残っていた。
山間部と海岸部を繰り返しながら、夕日ヶ浦の<福寿院>を経て、
夕日ヶ浦海岸を一望する浜詰で休憩。
夕日ヶ浦は3度目になるが、夕陽の沈む風景を思い出す。

画像
                       海蔵寺

画像
                       龍献寺

画像
                       福寿院

画像
                       夕日ヶ浦

久美浜に入る。
小天橋の砂浜に立つ。以前来た時は、近くの小山の山頂から眺めたが、
砂に触れるのもよし。
久美浜湾を一周する形で探索を続ける。
甲山の麓に建つ<甲山寺>、茅葺山門の<安養寺>となかなかいいではないか。

画像
                      小天橋海岸

画像
                        甲山

画像
                       甲山寺

画像
                       宝珠寺

画像
                     久美浜町海士

画像
                       泰平寺

画像
                       長円寺へ

画像
                       安養寺

峰山町へ入る。
山間部の<禅定寺>は、以前から訪れたいと思っていたが、今回
やっと訪問が叶う。
帰りは一般道を利用して、のんびりと。
万歩計1万3千歩。
もくもく探索満足度は、曇天ではあったが、90点。 

画像
                       笛原寺

画像
                       禅定寺へ

画像
                       禅定寺

画像
                       常徳寺