西明寺 (兵庫県淡路市)

淡路島の生穂漁港から山手に入った、低山と田畑の中に建つのが 西明寺である。 参道が真っ直ぐ伸び、白壁の塀に囲まれた伽藍が迎えてくれる。 西明寺の開創は不詳であるが、鎌倉時代、北条時頼が逗留したことが あると伝えるお寺で、最明寺と呼ばれた時代があったとか。 淡路西国観音霊場、淡路四国霊場でもあり、信仰の篤いお寺である。 <…

続きを読むread more

神宮寺 (奈良県奈良市須川町)

奈良市東部の柳生に近い須川集落にあって、狭い参道を進むと神宮寺が 現れた。 境内に一歩足を入れると、巨大な宝篋印塔が目に飛び込んできた。 鎌倉時代の建立と考えられていて、形も標準的な宝篋印塔と少し 異なっている。 また、阿弥陀如来石仏や五輪石塔も安置され、境内をひきたたせている。 神宮寺は、近くに建つ戸隠神社の神宮寺であ…

続きを読むread more