少林寺 (岐阜県岐阜市福富)

田畑が広がる農道を進むと、シュロの木や竹などが目に飛び込んで来たのが 少林寺である。 住職がおられるのか不詳であるが、案内板には臨済宗中興の祖白隠禅師の 墨書の説明が書かれている。 白隠禅師は6年あまり美濃に滞在し、臨済宗を広めた結果、現在も 岐阜県には臨済宗妙心寺派の禅寺が多い。 少林寺もその一つで、禅師の書が残っているの…

続きを読むread more