運善寺 (愛知県一宮市)

親鸞聖人が1214年~1234年頃の間に東国で布教活動した際、 聖人の高弟24人のことを後に<二十四輩>と呼んだ。 その中の一人・八田入信は、親鸞聖人が1234年頃帰京した後、 追いかけて京に向かった。 その途次、運善寺の住職が入信に帰依して入信を迎え入れたが、 その逗留中に入信は亡くなったと伝えられている。 現在、入信坐像…

続きを読むread more