智性院 (京都府舞鶴市) 京極マリア像

東舞鶴の泉源寺集落を通るJR小浜線の踏切を渡り、東舞鶴愛宕山へ向かって、
真っ直ぐの細い道を進むと、集落最奥の山麓に智性院と左手に熊野神社が
建っている。
智性院山門前に、2010年建立された<京極マリア像>が目に飛び込んでくる。
智性院の住職が中心となって、地域活性化のために<京極マリア祈りの里>
を立ち上げ、その一環としてマリア像を建立している。
智性院には京極マリアの位牌も残されている。

京極マリアとは、戦国大名の浅井長政の姉であり、京極高吉の正室であり、
丹後宮津藩主・京極高知の母でもある。
1581年洗礼を受け、ドンナ・マリアの名を与えられている。
江戸時代になり、キリスト教禁制を受け、ここ舞鶴の泉源寺村に此御堂を
建て隠棲したといわれている。
この時代において、細川ガラシャと並んで女性キリシタンの代表格である。

智性院の開創については不詳であるが、もと大寺であった泉源寺の
塔頭の一つで、泉源寺が廃寺後、法灯を継いでいる。

<京都丹後のお寺一覧>

(1)寺名:智性院(ちしょういん) (2)住所:京都府舞鶴市泉源寺1074
(3)山号:笠松山 (4)宗派:真言宗東寺派
(5)開創:不詳 (6)本尊:不動明王

画像
                       智性院へ

画像
                      智性院全景

画像
                       熊野神社

画像
                        山門

画像
                     京極マリア像

画像
                        本堂