長徳寺 (兵庫県篠山市) マリア観音

篠山市街地の東にある丘陵上の青山台ゴルフ場東端に長徳寺は木々に
覆われて建っている。
そこへ至る参道入口に<マリア観音>の説明板が建っているからこそ、
参道が見つかるという状況にある。
丘陵の細い参道を登っていくと、寂しい佇まいの本堂と観音堂が建っている。
マリア観音と呼ばれる塑像は中国製の塑像といわれ、それをマリア観音
として崇拝し、キリスト教禁制になって子安観音として信仰された歴史を
持つといわれてきた。
篠山も天正~慶長年間頃クリスチャンが増え、日本三大切支丹寺と
いわれた天通寺が存在した。
その頃、長徳寺も大通庵の名で開創されたと伝えられ、マリア観音を
祀って信仰を集めたといわれている。

<丹波、但馬のお寺一覧>参照

(1)寺名:長徳寺(ちょうとくじ) (2)住所:兵庫県篠山市大渕305
(3)山号:福聚山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開創:16世紀後半 (6)本尊:釈迦牟尼
(7)その他
1)塑像マリア観音立像:市指定文化財 17世紀初頭

画像
                        周辺

画像
                        参道

画像


画像
                       観音堂

画像
                        本堂