神宮寺 (奈良県奈良市須川町)

奈良市東部の柳生に近い須川集落にあって、狭い参道を進むと神宮寺が
現れた。
境内に一歩足を入れると、巨大な宝篋印塔が目に飛び込んできた。
鎌倉時代の建立と考えられていて、形も標準的な宝篋印塔と少し
異なっている。
また、阿弥陀如来石仏や五輪石塔も安置され、境内をひきたたせている。

神宮寺は、近くに建つ戸隠神社の神宮寺であったが、明治時代の
神仏分離によって、他の4ヶ寺を合併し現在地に移っている。

<奈良市のお寺一覧>

(1)寺名:神宮寺(じんぐうじ) (2)住所:奈良県奈良市須川町584
(3)山号:天龍山 (4)宗派:真言宗御室派
(5)開創:不詳 (6)本尊:薬師如来
(7)その他
1)宝篋印塔:市指定文化財 鎌倉時代

画像
                        参道

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                     阿弥陀如来石仏

画像
                     宝篋印塔と本堂

画像
                       五里石塔