地蔵寺 (和歌山県橋本市高野口)

高野口町は平安時代後期から高野山への参詣口の一つとして、その後
宿場として栄えたといわれ、1900年鉄道の開通によって、旅館などが
立ち並び大いに栄えた地区である。
その街中にあって、JR高野口駅の南に建つのが地蔵寺である。
地蔵寺境内に安置される五輪石塔は、南北朝時代1356年、かって地蔵寺の
隣地にあった西福寺に建立された石塔で、明治時代の廃仏毀釈によって
西福寺が廃寺となり、地蔵寺に移された。

地蔵寺の開創は不詳であるが、伝えによると弘法大師空海の開創とか。

<和歌山県のお寺一覧>

(1)寺名:地蔵寺(じぞうじ) (2)住所:和歌山県橋本市高野口町名倉993
(3)山号:宝珠山 (4)宗派:真言宗山階派
(5)開創:不詳 (6)本尊:地蔵菩薩
(7)その他
1)五輪石塔:県指定文化財 1356年

画像
                  かむろ大師からの高野口町

画像
                      地蔵寺外観

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                       五輪石塔