平川廃寺跡 (京都府城陽市)

城陽市平川地区にあって、JR奈良線と県道69号に挟まれた住宅地に 平川廃寺跡が残されている。 1966~74年の発掘調査から、瓦積基壇がみつかり奈良時代中頃の 法隆寺式伽藍を持つ大寺と判明し、国指定史跡となった。 その規模は、東西175m、南北115mの境内に金堂・塔などが配置 される南山城地域でも有数の寺院であったと推定され…

続きを読むread more