安養寺 (京都府久御山町)

京都には難読地名が多いが、安養寺の所在地<東一口(ひがしいもあらい)> もその一つである。 この地区は、かって存在した広大な巨椋(おぐら)池の西の端で、村への 唯一の入り口であったことから<一口>と名付けられたといわれている。 それを<いもあらい>と読んだのはどうしてだろうか。 安養寺は鎌倉時代に開創されたと伝えられ、境内から…

続きを読むread more