長台寺 (島根県安来市) 要害山麓

1562年山陰の戦国大名・尼子氏と山陽の戦国大名・毛利氏が月山富田城
の戦いとなり、尼子十砦の一つ要害山頂の安田要害山城が1565年落城し、
1566年富田城も落城し尼子氏の時代も終焉を迎えている。
その要害山の麓に建つのが長台寺である。
長台寺は、天平年間(729~749年)行基によって開創されたと伝える古刹
であるが、中世には興廃を繰り返し、江戸時代に母里藩主の庇護を受けて
再興されている。

現在では、要害山登山の入口になっており、また観音信仰の参拝者の姿も
ちらほら見かけた。

<島根県のお寺一覧>

(1)寺名:長台寺(ちょうだいじ) (2)住所:島根県安来市伯太町安田関354
(3)山号:福寿山 (4)宗派:天台宗
(5)開基:行基 (6)開創:729~749年 (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)金剛力士立像:市指定文化財
2)岡ノ原廃寺跡出土塔心礎:市指定文化財

画像
                        周辺

画像
                       仁王門

画像
                      金剛力士像

画像
                        参道

画像
                        本堂

画像
                       阿弥陀堂

画像
                       護摩堂