三勝寺 (広島県三次市)

旧三次市街地の北地区に建つ三勝寺は天文年間(1532~55年)に、
現在の三次市東酒屋に開創されたと伝えられている。
開創した松尾三勝は旗返山城の城主ともいわれているが、その
実態は不詳である。
寛永年間(1624~44年)に三次藩主によって現在地に移転したと
いわれ、その際に比熊山城で陣鐘として使用されていた梵鐘も移されたと
伝えられている。

<広島県のお寺一覧>

(1)寺名:三勝寺(さんしょうじ) (2)住所:広島県三次市三次町1157
(3)山号:吉祥山 (4)宗派:浄土宗
(5)開山:円蓮社満誉 (6)開創:1532~55年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)釈迦如来坐像:市指定文化財 14世紀 像高89cm
2)梵鐘:県指定文化財 1376年

画像
                        山門

画像
                        本堂