お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 喜岡寺 (香川県高山市) 旧高松城跡

<<   作成日時 : 2019/03/26 08:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

高松市高松町の地名高松は、もともと現在の喜岡寺が建つ周辺地域の
地名で、お寺は旧高松城(喜岡城)の跡地である。
1229年この地に喜岡寺が開創されたが、兵火により廃寺となったが、
1335年高松頼重が跡地に高松城を築城しているが、その後
2度の落城を経て、1594年この地に喜岡寺が再興されている。

1590年讃岐の大名生駒親正が、玉藻に新たに高松城(玉藻城)を
築城し、高松の中心が玉藻に移った。
旧高松城の地域は古高松とも呼ばれている。

<香川県のお寺一覧>

(1)寺名:喜岡寺(きおかじ) (2)住所:香川県高松市高松町1727−5
(3)山号:栄松山 (4)宗派:真言宗御室派
(5)開基:覚行法親王 (6)開創:1229年 (7)本尊:不動明王

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                       観音堂

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

喜岡寺 (香川県高山市) 旧高松城跡 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる