甘泉寺 (愛知県新城市) コウヤマキ

新城市の作手(つくで)高原中央部に位置し、標高600mにある甘泉寺の
冠木門を潜ると、樹齢300年以上の杉の大木が林立する石段参道が現れる。
その杉の間を縫って登ると左手に、上部が折れ枯れた古木のような
コウヤマキがすっくと立っている。
このコウヤマキは、国指定の天然記念物コウヤマキ2本の1本である。
2009年10月の台風18号によって、上部を大きく欠損している。
推定樹齢は600年といわれている。

甘泉寺は1370年の開創と伝えられる古刹で、木々に覆われ神秘的な
風景を醸し出している。
また、長篠の戦いの戦功者・鳥居強右衛門の墓がある。

<愛知県のお寺一覧>

(1)寺名:甘泉寺(かんせんじ) (2)住所:愛知県新城市作手鴨ヶ谷門前23
(3)山号:翔龍山 (4)宗派:臨済宗永源寺派
(5)開基:弥天永釈 (6)開創:1370年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)涅槃図:県指定文化財 室町時代後期
2)コウヤマキ:国指定天然記念物 推定樹齢600年

画像
                       参道入口

画像
                        参道

画像


画像


画像


画像
                      コウヤマキ

画像


画像


画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                       開山堂

画像
                     鳥居強右衛門墓