もくもく探索日誌 2019年2月23日 甲賀市

新名神甲賀土山ICを8時半に出る。 晴天に恵まれたが、肌寒い北風が顔面を叩く。帽子を何度も飛ばす。 鈴鹿山系麓の土山町~甲賀町と未知のお寺を巡る。 無住のお寺が多く、過疎化を強く感じる。                        鈴鹿山系                    雪をかぶる鈴鹿山系       …

続きを読むread more

勝円寺 (京都市下京区)

勝円寺の開創は1504年で、本尊阿弥陀如来坐像は円派仏師・勝円の 造像で、寺名もこれから来ている。 平安時代中期の仏師・定朝以降、仏師集団が形成され、  慶派:運慶、快慶など新しい写実主義  院派:院覚など定朝様を継承  円派:円勢、明円など院派と慶派の中間様式 の主な三大派が鎌倉時代を通して活躍した。 勝円は円派末期の仏…

続きを読むread more