西来寺 (兵庫県洲本市) 画僧明兆出家の寺

洲本川の河口近くにあって、山門から国道28号の地下参道を抜けると、 そこに西来寺が迎えてくれる。 西来寺の開創は不詳であるが、1355年頃画僧・明兆が3,4歳で出家した お寺として知られている。 明兆は室町時代前期の東福寺画僧で、国宝重文の作品を数多く残した この時期の代表的な画僧である。 一説には、雪舟に大きな影響を与えた…

続きを読むread more

浄蓮寺 (大阪市北区)

日本三大天満宮の大阪天満宮近く、滝川公園西隣に現代的な建築の 浄蓮寺が建っている。 滝川公園は戦後、開園されているが、それ以前は天満興正寺が建っていた。 天満興正寺は13世紀開創と伝え、1585年当時は広大な境内に堂宇が 建っていたと。 江戸時代には、天満の役所的な役割を担い大いに栄えたといわれている。 太平洋戦争で焼失し、…

続きを読むread more