大正寺 (大阪府四條畷市)

法然上人の師であった叡空の弟子であった西仙房心寂は、 法然上人が亡くなった後、法然上人の弟子となり、隠遁して静かに念仏すべく、 河内讃良(現在の四條畷市岡山)の長者のもとに身をよせ、長者の帰依を 受けて草庵を築いている。これが讃良寺と称し、大正寺の起源と伝えられている。 その時期は1174年頃といわれている。 1605年衰退し…

続きを読むread more