養泰寺 (長野県箕輪町) 

1072年開創と伝える養泰寺の裏(寺の墓地)一帯が箕輪城跡として、 箕輪町の史跡に指定されている。 箕輪城の築城時期は不詳であるが、室町時代前期の高遠氏一族の 箕輪氏によって築城されたと考えられている。 戦国時代になり、武田信玄の信州侵攻もあり、1582年廃城となっている。 現在の養泰寺は、中央アルプスを背にスッキリとした…

続きを読むread more