浄土寺 (岐阜県岐阜市福富)

1280年当時の福富集落は小さな集落であったが、東福寺の僧・大空沢山
が夢告によって当地に巡錫し、如来堂を建て阿弥陀如来を祀ったと
いわれている。
1289年如来堂を移して、僧の名前を山号に大沢山浄土寺が開創された
と伝えられ、鎌倉幕府執権・北条貞時の庇護もあり広大な伽藍となった
といわれている。
15世紀後半に焼失したが、阿弥陀如来は救い出され現在も本尊として
まつられている。
浄土寺は福富村と共に生まれ、共に歩んできた歴史を持つ。

<岐阜県のお寺一覧>

(1)寺名:浄土寺(じょうどじ) (2)住所:岐阜県岐阜市福富647-1
(3)山号:大沢山 (4)宗派:西山浄土宗
(5)開基:大空沢山 (6)開創:1289年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)阿弥陀如来立像:県指定文化財 鎌倉時代 像高96cm
2)聖観音立像:県指定文化財 藤原時代 像高174cm

画像
                        全景

画像
                        山門

画像


画像
                        本堂

画像
                        周辺