安楽院 (広島県世羅町) 龍華寺塔頭

今高野山龍華寺の総門を潜ると、真っすぐ登る参道が現れる。
参道を登ると、左手に山門だけの境内が見える。
1954年近所の火災により一部焼損したため、1965年龍華寺境内の大師堂
の横に本堂が移転している。
龍華寺の塔頭は安楽院と福智院が残るのみである。
安楽院の開創は不詳であるが、本堂は室町時代後期の地元豪族の住宅を
移設したものといわれている。

<広島県のお寺一覧>

(1)寺名:安楽院(あんらくいん) (2)住所:広島県世羅町甲山139
(3)宗派:真言宗醍醐派龍華寺の塔頭
(4)開創:不詳 (5)本尊:
(6)その他
1)本堂:県指定文化財 室町時代後期
2)山門:県指定文化財 桃山時代

画像
                     龍華寺参道入口

画像
                      龍華寺総門

画像
                      龍華寺参道

画像
                      安楽院山門

画像
                     安楽院旧境内

画像