もくもく探索日誌 2019年2月18日 伊賀~甲賀

10時半三重県伊賀市に入る。
好天に恵まれ、楽しい探索になりそうだ。
伊賀市北東部阿山地区、滋賀県甲賀市甲南町~信楽町の山間部の
未知寺院を巡る。
途中で、ナビが作動しなくなり、何度と路に迷う。これももくもく探索の
醍醐味だ。
伊賀コリドールロードを軽快に走る。

画像
                   伊賀コリドールロード

画像
                    宝光院と鞆田神社

画像
                     伊賀西音寺白梅

画像
                      永仙寺鐘楼

画像
                       信楽駅

伊賀の最初は、法然上人新伊賀霊場第1番の<西光寺>で、若き僧侶
と談笑。なんと快活な僧侶、こちらも元気百倍。
ここからナビ不調、早速次を目指す<金台寺>まで、山道を走る。
15分で県道に出て、一安心。
金台寺から移植されたセンダンの古木が、阿山小学校校庭に隆々と
立っている。
伊賀コリドールロードを北東へ。

画像
                       西光寺へ

画像
                       西光寺

画像
                       金台寺

画像
                   阿山小学校センダンの木

<長泉寺>参道前の大岩と大岩地蔵尊が迫力満点。
<宝光院>は鞆田神社と並び建ち、かっての神仏習合の典型である。
上りの参道の先に巨木が2本聳える。
<普賢院>も玉瀧神社と神仏習合の形態を残す。
伊賀の最後は、甲賀市に隣接する<西音寺>で梅の香。

画像
                       森紅寺

画像
                        大岩

画像
                    伊賀コリドールロード

画像
                   宝光院と鞆田神社参道

画像
                    宝光院と鞆田神社

画像
                    普賢院と玉瀧神社

画像
                      西音寺紅梅

甲賀市甲南町へ入る。
<円通寺>も桜神社と神仏習合の形態。
<円福寺>から<金龍院>への道を大いに迷う。

画像
                       円通寺

画像
                       円福寺

画像
                       金龍寺

信楽町へ入る。
最近では珍しい茅葺の鐘楼が溶け合った<永仙寺>を経て、
信楽鉄道の信楽駅では、巨大な陶製狸が出迎えてくれる。
その山手に<大日寺>、路が狭く車をバックさせ駅近くに駐車。
無理はせず歩く。
<真徳寺>にも、茅葺の鐘楼。これは珍しい出合い。

画像
                       永仙寺

画像
                   大日寺信楽焼手水鉢

画像
                       真徳寺

朝宮茶が特産の朝宮<徳源寺>を経て、大津市に近い宮尻集落で
大いに道を間違え、山の中へ。狭い山道で切り返し元へ戻る。
そこから徒歩で探し廻って<本覚寺>を見つける。
陽は傾き、夕陽に照らされたお寺の風景。
迷った挙句のもくもく探索醍醐味。
更に、芭蕉晩年の句で、ここ宮尻で詠んだといわれている句碑に出合う。
 <木が久れて茶摘も聞くや杜鵑>
帰路につく。
万歩計1万2千ふ。
もくもく探索満足度は95点。

画像
                       朝宮茶畑

画像
                     迷い込んだ山道

画像
                       本覚寺

画像
                     芭蕉句碑説明板