隣松寺 (愛知県豊田市) 徳川家康ゆかりの寺

豊田市南部の田畑が広がる幸町に、広い境内を擁して建つ隣松寺は、 843年開創と伝える古刹である。 山門を入って鐘楼門まで進むと、その手前右手に稲荷社が建つが、 この稲荷は<三河稲荷>と呼ばれ、これこそ徳川家康戦勝祈願の 稲荷といわれ、家康が東国へ配置換えになった時に、江戸(現在の 文京区本郷)にこの三河稲荷の末社を遷座し、鎮守…

続きを読むread more