お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 隣松寺 (愛知県豊田市) 徳川家康ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2019/01/25 09:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

豊田市南部の田畑が広がる幸町に、広い境内を擁して建つ隣松寺は、
843年開創と伝える古刹である。
山門を入って鐘楼門まで進むと、その手前右手に稲荷社が建つが、
この稲荷は<三河稲荷>と呼ばれ、これこそ徳川家康戦勝祈願の
稲荷といわれ、家康が東国へ配置換えになった時に、江戸(現在の
文京区本郷)にこの三河稲荷の末社を遷座し、鎮守としている。
これが東京の三河稲荷神社である。
もともと、家康の父・松平弘忠が家康誕生の折に、無事成長を祈願した
のが隣松寺三河稲荷であったといわれ、家康も祈願社とした。
こうしたことから、隣松寺には家康ゆかりの寺宝が残っている。

<愛知県のお寺一覧>

(1)寺名:隣松寺(りんしょうじ) (2)住所:愛知県豊田市幸町隣松寺126
(3)山号:稲荷山 (4)宗派:浄土宗
(5)開基:仁明天皇 (6)開創:843年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)本堂:市指定文化財 1667年
2)観経曼荼羅図:県指定文化財 高麗1323年
3)徳川家康倚像:市指定文化財 戦国時代 像高44cm
4)冑三尊:市指定文化財 戦国時代 家康の念持仏
  など多数の文化財

画像
                        外観

画像
                        周辺

画像
                        山門

画像
                       仁王像

画像
                     山門から参道

画像
                        寒桜

画像
                       稲荷堂

画像
                       鐘楼門

画像
                        境内

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                        本堂

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

隣松寺 (愛知県豊田市) 徳川家康ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる