もくもく探索日誌 2019年1月13日 豊田市

伊勢湾岸道豊田東ICを8時半に出る。
朝から快晴に恵まれ、もくもく探索の楽しみが倍増しそうだ。
豊田市の探索は3度目になるが、市の西側を中心に未知のお寺探索
となる。
矢作川が市街地の真ん中を流れ、そこに架かる橋も色んな型があり、
面白い。トヨタ自動車の城下町なのか、ガソリン料金が他に比べて
安いよ。

画像
                       豊田大橋

画像
                  豊田大橋と豊田スタジアム

画像
                      豊田市街地

画像
                       矢作川

画像
                     教照寺クスノキ

画像
                     洞泉寺樹木葬

市の南部、三河上郷地区に入る。田畑も多く残る地区だ。
徳川ゆかりの<隣松寺>を皮切りに、<幸福寺>まで一気に巡る。
<行福寺>のシダレ桜は是非春に訪れたいものだ。

画像
                       隣松寺

画像
                       行福寺

画像
                       幸福寺

西北に進路をとり、若林地区に入る。ここまで来ると田畑も目にすることが
少ない。
根元の形が面白いクスノキの<教照寺>、臥龍の松<円楽寺>と豊田市
名木に巡り合う。

画像
                     教照寺クスノキ

画像
                     円楽寺臥龍の松

画像
                       龍興寺

市街地に入り、広大な境内を持つ<洞泉寺>では、珍しく参拝者を
見かける。ここまで私一人の参拝者であったお寺巡り。
矢作川豊田大橋を渡り、豊田スタジアム周辺のお寺を巡るが、お寺の
境内が縮小し、住宅地となっている。
随応院参道に並べられた蓮の鉢はどれくらいあるのか。初夏に見れば
圧巻だろう。

画像
                       豊田大橋

画像
                     豊田スタジアム

画像
                       随応院

北東へ。猿投山の山麓に建つお寺へ。三河三ノ宮。
杉、シダレ桜など豊田名木のお寺を巡り、帰路につく。
名古屋市内の高速道で進路をミスし、グルグル循環道を走る。
万歩計1万3千歩。
もくもく探索満足度は、快晴にも恵まれ90点。
猿投神社は多くの参拝者。

画像
                      永澤寺参道

画像
                       猿投山

画像
                       猿投神社

画像
                       東昌寺

画像
                     金剛寺シダレ桜

画像
                     向陽寺広葉杉