永正寺 (滋賀県高島市新旭町) 高嶋七ヶ寺

現在の高島市に、かっては天台宗の大寺が7ヶ寺あり、それを<高嶋七ヶ寺>
と呼んでいた。
その中に、1228年開創と伝わる清水寺が、現在<清水山城館跡>として
史跡に指定されている清水山にあった。
1235年高島佐々木氏(高島氏)の祖・佐々木高信が清水山城を築き、
その後、城館を拡大し、清水寺の寺坊を占拠した。
いつの頃から清水寺は山麓の永正寺の地に移転している。
1611年清水寺から永正寺となっている。
現在、高嶋七ヶ寺のほとんどは廃寺となっている。

<滋賀県高島市のお寺一覧>参照

(1)寺名:永正寺(えいしょうじ) (2)住所:滋賀県高島市新旭町熊野本1278
(3)山号:清水山 (4)宗派:真宗大谷派
(5)開創:1228年 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)参考
  清水山城館跡:国指定史跡

画像
                        遠景

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                       五輪石塔