お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 本受寺 (大阪府堺市) 西宗真の菩提寺

<<   作成日時 : 2018/12/05 08:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

妙国寺の斜め前に門を閉ざして建つ本受寺は、西宗真(洗礼名ルイス)の
菩提寺である。
西宗真はもと肥前大村藩士であったが、マニラルソン島に渡り、そこを
拠点に日本貿易を行っていた。
江戸時代になって、徳川家康の目にかかり、駿府で謁見し、海外事情を
話し、朱印船貿易を許可され、財を成した。
元和年間(1615〜24年)堺に移り、1646年最期を堺で迎えている。

<大阪府のお寺一覧>参照

(1)寺名:本受寺(ほんじゅじ) (2)住所:大阪府堺市堺区宿屋町3−2−40
(3)山号:陽光山 (4)宗派:法華宗
(5)開基:日陽 (6)開創:1461年 (7)本尊:十界曼荼羅

画像
                        門前

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                       西家墓石
                     <説明板の写真>

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

本受寺 (大阪府堺市) 西宗真の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる