洪泉寺 (福井県大野市)

雲海に浮かぶ城<天空の城>で有名な城といえば、
(1)竹田城跡(兵庫県朝来市):立雲峡からの展望
(2)大野城(福井県大野市):戌山からの展望
(3)備中松山城(岡山県高梁市):備中松山城展望台からの展望
大野城展望の戌山への最短ルート入口が洪泉寺であったが、近年
そのルートが廃止となり、登れなかった。
洪泉寺を訪れ、登山もと思ったが残念。

洪泉寺は、奈良時代前期に行基が地蔵菩薩を祀ったのが始まりと
伝えられているが、15世紀に大野領主・斯波持種が開創したか
再興したのであろう。
洪泉寺は斯波持種の菩提寺であり、持種は戌山城主であった。

<福井県のお寺一覧>参照

(1)寺名:洪泉寺(こうせんじ) (2)住所:福井県大野市鍬掛11-14
(3)山号:龍宝山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:徳翁永崇 (6)開基:斯波持種 (7)開創:15世紀
(8)本尊:地蔵菩薩
(9)その他
1)地蔵菩薩半跏像:市指定文化財 鎌倉時代 像高62cm

画像
                        参道

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                       境内から