お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 大雲寺 (兵庫県宍粟市山崎町) 山崎藩主本多氏の菩提寺

<<   作成日時 : 2018/12/12 09:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

宍粟市山崎町は、古来因幡街道の拠点であったが、1615年姫路藩主・
池田輝政の四男・輝澄が山崎藩を立てたが、その後藩主がいくつか
変わり、1679年本多氏が入って明治維新まで続き、山崎町の基礎を
築いている。
城はなかったが陣屋が置かれ、城下町として発展した。
藩主本多氏の菩提寺が大雲寺である。
大雲寺の建つ一帯は、山崎藩の寺町で現在もその風景をのこしている。

<兵庫県のお寺一覧>参照

(1)寺名:大雲寺(だいうんじ) (2)住所:兵庫県宍粟市山崎町上寺169
(3)山号:青龍山 (4)宗派:浄土宗
(5)開基:専誉 (6)開創:1619年 (7)本尊:阿弥陀如来

画像
                        寺町

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

大雲寺 (兵庫県宍粟市山崎町) 山崎藩主本多氏の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる