常運寺 (広島県三次市)

浅野長治が、広島藩の支藩として1632年三次藩主となり、1633年長治は
菩提寺として鳳源寺を開創しているが、長治の家臣・今中勘太夫は同年
自らの菩提寺として、増上寺の欣誉休山を勧請開山として常運寺を
開創している。
常運寺は三次の代表的な照林坊の裏に建っている。

<広島県のお寺一覧>参照

(1)寺名:常運寺(じょううんじ) (2)住所:広島県三次市三次町1286
(3)山号:厭離山 (4)宗派:浄土宗
(5)開基:今中勘太夫 (6)開創:1633年 (7)本尊:阿弥陀如来

画像
                       照林坊

画像
                       常運寺