お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 三尾寺 (岡山県新見市) 備中高野山

<<   作成日時 : 2018/11/04 08:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

真庭市北房地区から中国自動車道を見下ろす形で、整備された林道を
登って行くと、三尾寺杉並木参道に出る。
新見市東部に位置し、北房地区に馴染みが深いといえよう。
別称<備中高野山>と呼ばれ、山上の密教道場として弘法大師空海が
再興したと伝えるだけの修行場風景が広がっている。
杉並木参道と茅葺本堂の風景が長年にわたって維持されてきた歴史に
感動を覚える。

三尾寺は、727年行基が開創し、807年弘法大師空海が再興したと
伝え、かって山門のあったといわれる山下の日桃竢゚乳穴神社が
鎮守社として神仏習合の形をとっていた。

<岡山県のお寺一覧>参照

(1)寺名:三尾寺(みおじ) (2)住所:岡山県新見市豊永赤馬4676
(3)山号:如意山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:行基 (6)開山:弘法大師空海 (7)開創:727年
(8)本尊:千手観音
(9)その他
1)千手観音坐像、脇士2基:重要文化財 鎌倉時代
2)本堂:県指定文化財 1559年

画像
                        林道

画像
                        林道

画像
                       林道から

画像
                        林道

画像
                       境内入口

画像
                      杉並木参道

画像
                        本坊

画像
                        本堂

画像
                        

画像


画像
                       大師堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

三尾寺 (岡山県新見市) 備中高野山 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる