普済寺 (長野県箕輪町) 老松庭園

箕輪町の天竜川東の山麓に建つ普済寺の参道は、杉や檜の大木に覆われ、
本堂裏手には樹齢500年といわれる老松2本が庭園を形造っている。
こんな素晴らしい庭園がこの地方に眠っているのかと。
寺叢と庭園が町の天然記念物に指定されているが、これが京都にあれば
観光名所になるだろう。

普済寺は、奈良時代前半の開創と伝えられているが、その後は不詳で
1166年源頼政によって再興され、14世紀半ばに臨済宗の禅寺に
なったといわれている。

<長野県のお寺一覧>参照

(1)寺名:普済寺(ふさいじ) (2)住所:長野県箕輪町東箕輪3632-1
(3)山号:法華山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開基:円聖 (6)開創:奈良時代前半 (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)寺叢と庭園:町指定天然記念物
2)普済寺文書:町指定文化財 1584年

画像
                        庭園

画像
                       参道入口

画像
                        参道

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                        庭園

画像
                        庭園

画像
                        庭園

画像
                        庭園

画像
                       境内から

画像
                       境内から