お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 八浄寺 (兵庫県淡路市) 淡路島七福神大黒天

<<   作成日時 : 2018/10/31 14:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

淡路島七福神霊場は、八浄寺先代住職が淡路島そのもを、七福神乗合の
宝船と位置づけ開創され、八浄寺が霊場の総本院となっている。
淡路島七福神霊場とは、淡路島をほぼ一周する霊場から構成され、
 大黒天:八浄寺(淡路市佐野)
 寿老人:宝生寺(淡路市里)
 毘沙門天:覚住寺(南あわじ市神代社家)
 恵美酒神:万福寺(南あわじ市賀集鍛冶屋)
 布袋尊:護国寺(南あわじ市賀集八幡)
 福禄寿:長林寺(洲本市五色町)
 弁財天:智禅寺(淡路市草香)

八浄寺は応永年間(1394〜1428年)の開創と伝えられている。
現在のお寺は全てが新しく、特に瑜祇七福宝塔はお寺のシンボルと
なっている。

<淡路島のお寺一覧>参照

(1)寺名:八浄寺(はちじょうじ) (2)住所:兵庫県淡路市佐野834
(3)山号:蓮台山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:心了法師 (6)開創:1394〜1428年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)淡路島七福神大黒天

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                     瑜祇七福宝塔

画像
                        境内

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

八浄寺 (兵庫県淡路市) 淡路島七福神大黒天 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる