法明寺 (京都府南丹市美山町)

美山町北部を通る国道162号沿いの、鶴ヶ岡集落の山麓に建つのが法明寺
で、1387年開創されたと伝えているが詳細は不詳である。
1532年裏山にあった殿城を築城した川勝光綱が、菩提寺として再興したと
いわれている。

法明寺境内の桜は<法明寺桜>といわれる山桜の変種で、江戸時代中期の
古木は1979年折れたが、接ぎ木された木や明治時代の木が残っている。
法明寺桜は大阪造幣局の通り抜け桜の中にもあるとか。

<京都丹波のお寺一覧>参照

(1)寺名:法明寺(ほうみょうじ) (2)住所:京都府南丹市美山町鶴ヶ岡ノブ15
(3)山号:太平山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開創:1387年 (6)本尊:聖観音
(7)その他
1)北桑西国霊場第3番
2)地蔵菩薩立像:市指定文化財 藤原時代
3)釈迦如来坐像:市指定文化財 藤原時代

画像
                        全景

画像
                        周辺

画像
                        参道

画像
                       法明寺桜

画像
                        本堂