お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 安楽寺 (京都府南丹市日吉町)

<<   作成日時 : 2018/10/23 13:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

南丹市日吉町佐々江地区は、山間を流れる田原川に沿って三つの集落からなり、
高齢者が50%を超える限界集落で、檀家信徒が減りつつある安楽寺である。
そうした現状にあって、住職も集落の活性化に尽力されている。
安楽寺は、1532年佐々江明日谷に開創されたと伝え、
文政年間(1818〜30年)に現在地に移っている。
お寺には薬師如来、毘沙門天などの仏像が伝わり、文化財に指定されている。

<京都丹波のお寺一覧>参照

(1)寺名:安楽寺(あんらくじ) (2)住所:京都府南丹市日吉町佐々江大石28
(3)宗派:浄土宗 (4)開創:1532年 (5)本尊:阿弥陀如来
(6)その他
1)薬師如来坐像:市指定文化財 藤原時代
2)四天王立像4躯:市指定文化財 藤原時代
3)毘沙門天立像:市指定文化財 室町時代初期
4)地蔵菩薩立像:市指定文化財 室町時代

画像
                        全景

画像
                        門前

画像
                       参道入口

画像
                        山門

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

安楽寺 (京都府南丹市日吉町) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる